04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

よりさらに、ボダをパクった感否めない 

スクエニ、新作アーケード対戦ゲーム『フィギュアヘッズ エース』を6月21日より順次稼働開始

>タイトル
にわかに噂されていた、『フィギュアヘッズ』のアーケード版の事。

あらすじとルールをざく切りに読むと
PC版以上に全裸でボダブレパクりましたと言ってて頭抱えました。

とはいえ、『戦艦少女』みたいに
※「元ネタ」に見られた不満・ストレス要素を尽く改善しましたってなっていたら
さすがのボダも危ういかなではありますが、まぁ所詮はたらればよ。

※破壊目標となる「コアシップ」は、あのワフトローダーみたいなのでしょうけど
自衛用に機銃を搭載してるっぽいので、「コア防衛が実質他力本願」
ボダとの最大の差別化にして、改善点だと思う。

(『スティールクロニクル』のPVPモードに登場する「ブリッジ」も
時間経過で復活するバリアに加えて、最終自衛兵器:スタンウェーブを搭載していたし。)

キービジュアルを見る限りじゃ、ロボのガラクタ感改善した?って思うけど
まぁ、一般大衆釣り上げるなら、「かっこいい奴」選ぶよねーという解釈です。


ちなみに、筐体のベース部分は、どうにも
(全国のアミューズメント施設のインカムを真っ赤に染めた大戦犯たる)
『スクール・オブ・ラグナロク』と同じものらしい...


(なお、其のスクラグは、来月30日をもってサービスエンド(享年:1~2年)
便乗商法してずっこけたソシャゲーレレルの早さで死んだ「アーケードゲーム」
という、稼働4~5年で生ける屍になった『スティールクロニクル』よりも
惨めな死に様を見せつけ、ここ数年のアーケードゲーム史上における、「最“凶”の黒歴史」
となった。)


本日より、期間限定海域【後段作戦】開始!

OhuneAC-Drop-170514.jpg

さて、本題。前段まではまぁ、「前段」って事で、敵もかなり手加減していた感ありましたが
「後段」から、徐々に「しぬがよい」が露骨になってきます。

実際問題、E-6の乙は、数の暴力というものを最大限に体現しており
正攻法では、HP:175が5隻もいる「たこ焼き」の殲滅が関の山でした。

(この辺になると、大真面目に「ケツ魚雷」と「甲標的」を駆使せんと勝てないかもな...。


故に、E-6乙の突破にこだわってては、※全体的な損失の方が上回ると判断。
明日への撤退を決断し、「丙で」大和を掘るという大博打に出ることにしました。

wikiのコメ欄を見る限り、丙で大和掘った的な報告は割とあるので
極端に渋っていない?と思うですが、
本営の簡悔ぶりを考えると、「まず、ありえない」というのが正直な心境です。
(とはいえ、「能代」をスルーしてるので、イベント海域自体は後2周以上はするけどね。)

※資源はもとより、「リアルマネーやプレイ時間」をも、無駄に消耗する一方であった。



・E-4

ボスがエリート化してる以外は、E-1との大差はありません。

極限まで対潜特化した編成なら、
索敵フェイズでの、航空パンチの一発で殲滅可能です。

ただし、乙になってくると、ボス艦隊が6隻のフルスロットル(旗艦:フラッグ)
になってA勝利すら怪しいので、航空パンチは確実に決めないと、C敗北になりかねません。


OhuneAC-E5otu1.jpg OhuneAC-E5otu2.jpg

とはいえ、偵察機発艦→航空パンチ では、偵察機が帰ってくる間に確実に潜られます。
なので、図のように進路予想先に偵察機を発艦、感知範囲内に出てきた所で攻撃隊を発艦させる
方法を取ると、顔を出したと同時に攻撃隊を発艦できるので、
潜られる寸前に航空戦に持ち込めます。

E-4乙は、これが確実にできるか否かで、難易度はだいぶ変わると思います。

OhuneAC-E4-team1.jpg
▲編成例。 固定枠の駆逐は蓄音機や爆雷投射機ガン積み
索敵に関しては、瑞雲ガン積みのちと・ちよの2名で、48瑞雲になるので
軽空母は3隻にしても問題ないと思います。

そして、(対潜能力の高さが判明した)軽空母は
ちと・ちよの(ガン積み)瑞雲で索敵が間に合うので、爆撃機をガン積みにします。

このくらい徹底しておけば、「出会い頭」の潜水艦も、開幕航空パンチで殲滅も可能になってきます。

OhuneAC-E4-team2.jpg
▲航空戦艦を入れた例。

航空戦艦も瑞雲ガン積みする事で「単独で」40瑞雲は確定します。
ただし、「甲」だと軽母とちと・ちよをも固定枠になるので
この編成がいけるのは乙までですけどね...。



・E-5

ボスがしょっぱなから「姫」です。

しかも、敵配置の都合から、ル級隊を随伴にしやすいという罠。
(当然だが、随伴がいるといないじゃ、難易度はまったく違ってくる。
戦艦・空母がいるとなっちゃなおさら。

乙になると、ヲ級・ヌ級・駆逐2(全て「フラッグ」)が確定随伴で出てきますが
警戒すべきは空母のみと割り切ると、ヲ級フラッグが2隻であったE-2乙よりも、
(「随伴は」)むしろ弱体化してる
とも見て取れます。



・E-6

丙で既に「たこ焼き」の数が5隻です。
この段階で、1-4突破したて勢の鼻は確実にへし折れます。

随伴は、ようやっと重巡が来たかってくらいで大したことはありませんが
正直、ここの丙の突破でてこずる(=ガチメンバーを連れてくる)ようじゃ
乙はやめておけとも言えます。


そして、(例のよって、)ゲージ半分以下で「鬼」にワンパン食らわせると、
「姫」に変身→たこ焼きも復活するので、ゲージ量には要注意です。

(とはいえ、「姫」戦になると、BGMが「士魂の護り」に切り替わるので、
むしろ「殺る気」がMAXになります。

道中の方は、ヌ級の登場で敵の航空パンチによる大破事故
ル級の登場によるワンパン大破を誘発するようになってますが
艦隊は4隻程度で、且つ「潜水艦」もいないので、
(自身があるなら)サクッと全滅させて、ゲージを減らしましょう。


しかし、これが乙になると、艦隊は6隻フルでほぼ全員フラッグ、潜水艦も追加
80%の割合で「しぬがよい」が露呈しております。

「道中で」、ル級フラッグがうろついてるんだから、そのヤバさはお察し。
そして、ボス戦も実質、※6対12という絶対的劣勢に立たされるんだから
下手に突破にこだわってちゃ、「本来の目的」が達成できなくなるのは明白であった。

※南方=サン本体、「たこ焼き」×5 ヲ級フラッグ:3、リ級エリート:2、駆逐エリート:1

「たこ焼き」のHP自体は、E-3乙よりも40は低いのではありますが
その分を見事に「物量」でカバーしてるため
主砲のリチャージが長い戦艦では、攻撃回数不足に陥る
(=南方=サンの首が全く届かなくなる)
のは明白でした。

この一件により、最終的な継戦火力は戦艦を上回る
「超が付くほど高レレルの改装重巡」の必要性を認識するに至りました。


イベント海域が終わり、「隙」を見つけ次第、
重巡勢のレレル上げを徹底しようかなとは思ってます。

(でもって理想、第3回イベントで
今回の乙作戦のリベンジに成功出来たらなとは思っております。)




OhuneAC-E6EX-170515.jpg

最後は、「掃討戦」の感想を送って、ドロンします。

E-6丙・掃討のメンバーは何故か、E-3掃討からかなり弱体化しております。
E-3丙・掃討では、エリートもいて、ワ級もいなかったというのに、どうしてこうなった。

(ちなみに、E-3乙・掃討では、ル級エリートが登場。

category: アーケード

thread: 艦隊これくしょん

janre: ゲーム

tag: ゲーム  艦これアーケード 
Posted on 2017/05/15 Mon. 13:47  edit  |  tb: --  cm: 3  

コメント

ストレートフルコンプの代償はあまりに大きすぎた……。

ドーモ、あるぺじお=サン。虎ヶ城 零武です。

>前回のコメレス
>>それ以前に、甲標的持ってないww 
>>検索しても、レシピと言えるレシピが載ってなかったし。 
魚雷系の装備だからか、魚雷レシピ(燃20、弾30、鋼20、ボ31)で作れるようです。
ただし、ドロップ率はかなり低いので根気よく回すべし。
(ちなみに、オイラの場合は旗艦が弥生の時に出ました)

>フィギュアヘッズエース
オイラが通っているアケこれ店舗の方にも来るようですが、
正直な話正式稼働当日に触れることはまず無理でしょうね……。
(詳細は後述にて)

>アケこれ[第弐回イベント海域・後段作戦(丙)]
・Eー4
Eー1で対潜水艦戦闘に慣れたなら、そこまで手こずることはないでしょうね。
(ボス旗艦のカ級エリートも、一撃KO余裕だったし)

・Eー5
ボスが最初から姫なのは、(前段の内容を考えれば)「まあ、そうなるな」の日向感。
とはいえ、丙なら基本的に取り巻きがいないから難易度はだいぶ低いですがね。
(Eー2の時といい、なんというか中ボスめいたポジションになってる感がある)

・Eー6
南方棲戦鬼のゴツさも相まって、護衛要塞×5はなかなかに圧巻ではあるけど、
(丙なら)金剛ズの火力でも余裕で殲滅できた辺り見かけ倒し感が否めないw
ただ、タイミング悪く姫化すると作戦失敗がほぼ確定なのがなんだかなー……。
(取り巻きを潰せれば、戦術勝利Bには持ち込めるか?)

ちなみに、乙や甲の鬼(姫)に挑戦している提督たちの編成は十中八九カンスト重巡(+雷巡ズ)でした。
(やはり、甲は廃プ勢への挑戦状なんだなとつくづく思うばかりだった;)


>タイトル回収
前段の丙1周目→阿賀野 2周目→能代、乙1周目→酒匂
後段の丙1周目→矢矧 2周目→大和
……と、今回は1度も沼に嵌まらずにイベント報酬艦娘フルコンプを達成できました。

しかし、それを喜んだのも束の間、大和をドロップした日の帰り道に、
エンジントラブルでマイカーがオシャカになってしまいましてね……。
幸い家のすぐ近くで起こったので、なんとかそのまま運転して帰ってこれたものの、
翌日は自宅待機を余儀なくされました。
(勿論、リアル父上から大目玉を喰らう始末;)

とりあえず、今は通勤の目処が立っているのでひと安心ですが、
マイカーの件を解決するために、当分はアケゲーからは身を引くことになると思います。
(まあ、ボダの方は未だにプレイ意欲が戻らないし、
アケこれも1ヶ月近くイベント海域に通い続けた反動が大きいので、
休むには良い頃合いではあるのですが……)

それに伴って、しばらくはここでのコメントもできなくなると思われですが、
また戻ってこれた時は仲良くしてください。
では、オタッシャデ。

虎ヶ城 零武 #c9A6I/J6 | URL
2017/05/21 23:24 * edit *

艦アケに関することは、今回省きますヨ、っと;


>タイトル
まぁ、読んで字のごとくです。
今回の艦アケに関する記事・記述もざっと目を通しましたが、現在提督(プレイヤー)でない自分には、どう発言していいのかわかりません故…;


>前回のコメ返し
>>撮ってきた「そのまんまを」aviutlで読み込むと フレームレートのせいで、早送り状態になる
録画機器のコーデックとaviutlの相性が悪いのでしょうかネ?
それとも、もしかしたら「プラグイン(の優先度)との相性」もあるかもしれません。

あと、その録画機器は、「Bandicam(バンディカム)」で撮っているものなのでしょうか?
なんか、「バンディカムで撮った動画は、動画編集ソフトと相性が悪い」みたいなことが、浅いレベルで調べると出てくることがあります。

(あとは、コレなんかを参考にするとよいのではないでしょうか? https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n200092)

>>GOMプレイヤーも正常な再生でしたし
ちょっと待ってください; そのプレイヤーを使用するのはお勧めできません;
GOMプレイヤーは、「過去にウイルスおよびスパイウェアが仕込まれていた(あるいは現在進行形?)」とか「広告がウザすぎ」「使い勝手なら他のほうが上」など、いい噂はほとんど聞きません;(過去、どこかの原子力関連施設が、なぜかこのソフトを使用しており、それが原因で情報が漏れたなんて事件があったくらいですし…;)
自分も過去、GOMのユーザーだったのですが、そういう情報を得て他のプレイヤーに乗り換えたくらいです;
こちらに他のプレイヤーが紹介されていますので、一大事にならないうちに乗り換えることをお勧めいたします;(個人的には、「MPC-HC(あるいはBE)」をお勧めいたしますw)
http://aviutl.info/douga-player/


>フィギュアヘッズ エース
>>ストーリー面
新作が出るとのことなので、ストーリー部分(あらすじ)を再確認してみました。

この世界で起こった大災害って「20世紀の終わり」に起こっていたのですネwwwww
「過去にこんなことがあったら」という切り口で未来(SF)の世界観を描いてるのは、なかなか斬新だと思いました。(まぁ、「自分がSF作品をあまり読んでいない」というのもあるのですがw)

で、今度はアケ版で追加されたエピソードなのですが、なんか「取って付けました感」が非常に強く出ているように感じます;
「>>PC版以上に全裸でボダブレパクりました」というのは、まぁ、百歩譲って良いとしまして…(実際、「資源戦争」なんてどのゲームや現実でも起こりうることですし)
自分が気になったのは、「その頃、地上では人知れず、」という部分です。
コレだと、自分の読解力の範囲内で解釈したら、「地下では『競技』を、地上では『戦争』を同時期にやっている」という風にも読み取れてしまいます;
地上で戦争になっていたら、「地下で『競技』なんてしている場合じゃないだるるぉ!!?」(それに『戦争』となったら、よっぽどの報道規制を敷かない限り「人知れず」なんて無理ですってww)と思ってしまうのですが…;
(2Footの技術を、一方ではアマチュアに、もう一方では戦争屋に売り渡すとか、この世界の企業っていろんな意味で結構余裕があるのネwwまぁ、当事者たちは、フロントミッションでの『闘技場』、あるいはアーマードコアでの『アリーナ』みたいな感覚なのでしょうけどw)

自分なら、「その頃、地上では人知れず、」という部分を、「時は流れ、地上では、」という風に書き換えますネ。
そうすれば、「2FootやBOTgameで生み出された技術が軍事転用され、純粋に兵器として扱われるようになった」という風にも解釈できるようになると思いますww

>>ルール面
自分が気になっているのは、やはり「コアシップの存在」ですネ。
「シップ」ということは、「(攻撃)目標が固定されていない」という風にも解釈でき、「エイオース」以上に(攻撃)目標が動いてしまうのではないか?という悪寒がします;
(最悪、プレイヤーの指示でコアの位置を動かす、なんてことも…;)
この「コアシップ」が実装されることで、一番危惧しているのは、「アクエリアンエイジ オルタナティブ※」のようになってしまい、タイムアップ以外での決着がなかなかつかないのではないか?という点です;

( このゲームは、「マインドブレイカー」と呼ばれる両陣営の(攻撃)目標が、他のカードと同じく自由自在に動かせるため、『(三国志・戦国)大戦』風に例えれば「常に自分で動かせる城壁」、『ボダ』風に例えれば「常に自分で動かせるコア」になっているのが特徴w)

戦う前から白旗 #DadduFMg | URL
2017/05/22 00:12 * edit *

矢矧ぬまぁぁぁ!

>タイトル
見事に、2周・3周共に矢矧が来て
能代すら怪しくなってきたwwww

しかも、ボダの方も、相変わらず燃料切れ状態なので
実質今週ネタ切れ状態wwww


>寅さん
運がいいとしか言いようがないwwww
しかし、その後が災難であったようね...。


正直言うと、カンスト重巡じゃないと
ヲ級フラッグや鬼(姫)の航空サークルを看破できない&
鬼(姫)+への攻撃力も維持できない
という現実。

結局、どんなに戦艦を鍛えても、敵がバ火力と数の暴力で迫って
ワンパンで大破するんじゃ、鋼材の無駄だし装甲も無意味。
→だったら、機動力と攻撃力を両立できるカンスト重巡を使うしかないよね。


という、「※イナホ理論」のそれそのまんまであったわ。

※『アルドノア・ゼロ』の主人公が、先代の主力機体を使い続けていた理由。

現行主力機の方が装甲あるっていうけど
敵がバ火力な上で、「非現実的な装備」を持っているんじゃ、装甲なんて意味ないじゃん。

だったら、少しでも機動力高くして、回避ちから上げた方がいいよね。
「当たらなければどうという事はない」し。


それ故に、大和を無事取れたとしても
戦艦が実質カンスト重巡の下位互換なポジションゆえに
「どうやって運用すればいいんだ」という現実よ。

(この現実を思うと、最早、戦艦は「大和砲」でアウトレンジぶっぱできるくらいしか取り柄がない。

なんというか、「大艦巨砲主義は捨ておけ」をそこまで体現せんでも...
という思いでいっぱいでした。)


>白旗さん
機材は異なりますが、仕様が近い奴をググってきました
http://soyu-am.jp/alamode/machine-info/3057

恐らく、原因はプラグインの優先順位かなって思えてきた。
なんせ、以前はそこで撮ってきて、そのまま読み込んででも「高速化」する事は
なかったですし。


>>最悪、プレイヤーの指示でコアの位置を動かす
それ一番アカン奴やwwww
確かに、(ボダブ並に)簡単にコア割られたら面白くないでしょうけど
だからと言って、破壊目標を動かして戦況を泥沼化するのもどうなのさ日向と思ったわ。

>>フロントミッションでの『闘技場』、あるいはアーマードコアでの『アリーナ』
おぉっと、『ボトムズ』のバトリングを忘れちゃいけねぇ。
「両者の元ネタ」とも言えますからね。

とはいえ、バックストーリー面は、白旗さんのそれが一番しっくり来たかな感。

>>GOMプレイヤー
おおう、前科持ちだったとは。 なので、MPC-HCインストールして
GOMを消しておいたわい。

あるぺじお #POQ5NLzM | URL
2017/05/22 12:47 * edit *

コメントの投稿

Secret